Hand knitted socks (deep pink) ウールとアルパカ混の手編み靴下(霜降りマゼンダ)

 
ウールとアルパカ混の毛糸を使って編んだ靴下をもう1足ご紹介。オレンジ色のものと同じように見えますが、じつは同じ編み方ではありません。これも嶋田俊之さんの『手編みのソックス 』をテキストを使って編みました。(ただし、かかとの部分は引き返し編みで書かれていた場合もボックス型で編んじゃってます。)

基本はオレンジ色と同じ考え方で、表編みと裏編みを組み合わせた編み方を3段を1パターンとして繰り返しています。表編みと裏編みの組み合わせ方を、前回のオレンジ色の靴下とはちょっと違えてあるというもの。 これもパターンさえ覚えてしまえば、チャートを常に目で追わなくても編めてしまいます。

本の中では基本形の応用としてAとBと名づけて紹介されていました。私はこれを、オレンジの毛糸でAとBを各1足、マゼンダの毛糸で同じくAとBを各1足、というように計4足編みました。

その中から実際に毎日使っているのは、オレンジもマゼンダもそれぞれ1足ずつ。前シーズンに編んだ靴下もまだ健在なので、今回編んだうちの2足は来シーズン以降のストックとしてとってあります。(前シーズンからのものも、今年履きつぶしてしまったものもそろそろ出てきました。)

マゼンダもオレンジ色の毛糸と同じ種類のものの色違いです。オカダヤ町田店さんのセールかごから買いました。他にもいろんな色を買ってしまったほどお安く(1玉350円)て編みやすく、本当に暖かいのでお気に入りです。アルパカの写真がラベルに使われている毛糸です。

 

コメント