2013-11-28

My favorite yarn 愛用の毛糸

Today, I want to introduce my favorite alpaca-wool mixed yarn. It is made in Peru. I have used this yarn since 2011, and really love it. It is very smooth. Usually I bought it from a wagon of "spacial prices" in a craft shop, Okadaya, Numaya, etc. Price is 360yen (depends on shop). I need three for 1 pair of socks.

本日はいつも靴下を編むのに使っている毛糸をご紹介いたします。ペルーで作られているらしいウール・アルパカ混毛糸の細いタイプ。細いといっても5号で編んでいますからそれほど細いってわけでもありません。(これより少し太いタイプもあります。)

オカダヤさんやヌマヤさんといった町の手芸屋さんの、セール品コーナーにいつでも置いてある毛糸です。たいてい1玉360円くらい。1足編むのに3玉使うので、いつも同じ色を3つずつ買っています。2011年から使い始め、今年、昨シーズンに買っておいた毛糸の不足分を買い足しに行きましたが、無事同じ色が手に入りました。というわけで、わりと入手しやすい毛糸ではないでしょうか。

もっと安い毛糸を使っていたこともありますが、手触りの固めのものはいくらウール100%といってもやっぱり編みにくいので、最近はもっぱらこの毛糸を使っています。以前にも書きましたがウール100%のものよりもフェルト化しにくく、けっこう丈夫。そして何より手触りがよく、編みやすいので大変気に入っています。

色のバリエーションもなかなかです。現在は霜降りグレーでダイヤの模様編み靴下を編んでいます。もう片方を編めば出来上がり。完成したらまたアップしますね~。


Orange socks have three herb colour stripes ハーブ染めストライプのオレンジ靴下

It is my hand knitted wool-alpaca rib socks, using three herb dying yarns as stripes into orange colour base. In 2010, I made the three herb dying yarns for my herb craft study. (Left: Peppermint with iron on wool / Centre: Rose petal with citric acid on silk / Right: Peppermint with dried alum on wool)

オレンジ色のウール・アルパカ混毛糸をベースにして、3色のハーブ染め毛糸でストライプ柄を加えたリブソックスを編みました。ハーブ染め毛糸は2010年の4月にハーブコーディネーター養成講座の自由提出課題で製作したものです。(その時のエントリーはこちらです⇒『Herb Dying : Peppermint & Rose Petal 』http://bricabrac-sana.blogspot.jp/2010/04/herb-dying-peppermint-rose-petal.html )

ハーブ染めは半年間寝かせて色を定着させてから使うとのことで放っておきましたが、その間すっかり忘れてしまい、今年になってようやく陽の目をみました。課題のために1色1玉、しかも異なった素材に・・・といった具合に少量だけを染めたので、その後、使い道を思いつかなかった・・・というのも正直なところです。その頃はまだ、今のようには靴下は編めませんでしたから・・・。でも、ハーブ染めはとても楽しかったので、またいつか時間と気持ちに余裕が出来たら、ぜひ挑戦したいと思っています。あの時の楽しさを思い出しながら編みました。