Baby's YUKATA: 女の子用の一つ身の浴衣

女の子用の一つ身の浴衣(0歳~3歳)

和裁の練習として、0歳から3歳までの女の子用の浴衣を縫いました。大人用の反物の3分の1を使用しており、反物の幅をそのまま背中の部分にすべて使うので、「一つ身」と呼ばれるそうです。

腰の部分におはしょりのような腰揚げをしているので、子供の成長に合わせて身丈を変えることも出来ます。肩にも同様に肩揚げがしてあるので、裄丈(首から手首辺りまでの長さ)を長くすることも出来ます。


子供の浴衣には2本のつけ紐が付いています。帯を締める前にあらかじめつけ紐を結んでおけば、動きの激しい子供でも着崩れの心配が減りそうです。

つけ紐の上前のつけ根には、糸でシンプルな飾りを刺繍します。これにはいろいろな図案があり、子供が無事に成長するようにとのお守りの役目をしています。この縫い取りが背中にあるものをとくに背守り(せまもり)といい、昔の子供の衣類にはよく見られたのだそうです。

【後日追記】

完成品は、母経由で某チャリティーバザーに寄付。どなたかにお買い求めいただけたようです。ありがとうございました。



コメント

人気の投稿