2017-03-16

Reversible place mat 秩父縞のランチョンマット(リバーシブル)


昨年の秋に長瀞に遊びに行った時に買ってきた秩父縞のハギレで、リバーシブルのランチョンマットを作りました。緑と赤を裏表に縫い合わせてあります。

反物からのハギレなので、そのままの幅を活かした大きさに縫いました。

2016-07-20

トワル・ド・ジュイでカルトナージュ


糊付きトワル・ド・ジュイのカットクロスで、KING JIMのクラフト紙製ファイルをカルトナージュしました。思い通りのファイルができて大満足。ついでに手芸欲も満たされました(笑)。

製作時間は30分程度。糊付きクロスは扱いにちょっと気をつけないとならないけど、それでもとても便利。

関連エントリーはこちらです → https://dolcevita-sana.blogspot.jp/2016/07/bunkamura.html

2015-12-17

Diamond pattern stitch socks ダイヤ柄の模様編み靴下 ②


2シーズン前に2色同時進行させていて、片足ずつ完成させたところで息切れして編むのを止めてしまっていた2足の靴下がありました。それのもう片側を、それぞれようやく編み上げたのが2年後のついこの間。ちょっと編み間違えてしまった部分もあるのですが、とりあえず完成させられたので嬉しいです。

やはり、1色ずつ完成させてから次の色に進む・・・というようにやらないとダメですね。ハハハ!履ける靴下の在庫がなくなってきたので慌てて編みました。あともう何足か編む予定です。

続けて編むと思い出してくるので、同じパターンを編み続けるとテキストを見なくても編めるようになるのも嬉しいです。だから、やっぱり、継続は力なんだなぁ・・・。はいはい。


2015-10-27

Round Scarf ラウンドスカーフ(スヌード)


夏前からダラダラと編み続けていたラウンドマフラーですが、飽きてきたので適当な長さで作業終了~。端と端をつないで完成としました。なのでつなぎ目のところの色の配分がイマイチなのだけれども、そこを隠して写真を撮ってみたりして(笑)。はぎ合わせは1回ねじってからにしてみました。

Woman's YUKATA 女性用の浴衣


9月の終わりから取り掛かった大人用の浴衣。ちょうどひと月ほどかかって完成。写真は最後の袖つけ作業をしている時の1枚。綿麻の浴衣地を使って、自分のサイズで縫いました。


【後日追記】

完成品は、母経由で某チャリティーバザーに寄付。どなたかにお買い求めいただいたようです。ありがとうございました。

Girl's YUKATA 女の子用の四つ身の浴衣


9月に縫った四つ身の浴衣。対象年齢は4歳から8歳くらい?これも肩揚げと腰揚げがしてあるので、成長に合わせて丈を長くすることが出来ます。大人用の浴衣地の反物1本で、前回の一つ身の浴衣と今回の四つ身の浴衣を縫いました。四つ身の浴衣は袖の振りがだいぶ長くなって女の子らしさが出ています。

【後日追記】

完成品は、母経由で某チャリティバザーに寄付。どなたかにお買い求めいただけたようです。ありがとうごいました。



2015-09-09

Baby's YUKATA: 女の子用の一つ身の浴衣

女の子用の一つ身の浴衣(0歳~3歳)

和裁の練習として、0歳から3歳までの女の子用の浴衣を縫いました。大人用の反物の3分の1を使用しており、反物の幅をそのまま背中の部分にすべて使うので、「一つ身」と呼ばれるそうです。

腰の部分におはしょりのような腰揚げをしているので、子供の成長に合わせて身丈を変えることも出来ます。肩にも同様に肩揚げがしてあるので、裄丈(首から手首辺りまでの長さ)を長くすることも出来ます。


子供の浴衣には2本のつけ紐が付いています。帯を締める前にあらかじめつけ紐を結んでおけば、動きの激しい子供でも着崩れの心配が減りそうです。

つけ紐の上前のつけ根には、糸でシンプルな飾りを刺繍します。これにはいろいろな図案があり、子供が無事に成長するようにとのお守りの役目をしています。この縫い取りが背中にあるものをとくに背守り(せまもり)といい、昔の子供の衣類にはよく見られたのだそうです。

【後日追記】

完成品は、母経由で某チャリティーバザーに寄付。どなたかにお買い求めいただけたようです。ありがとうございました。